裁ち落としデザインで作成されていませんか?

新聞印刷は一般的に上下左右に余白10mmを作成しなければいけません。

ただし、

  • 新聞形式印刷(スクラム製本)
  • 号外新聞印刷
  • モノクロ新聞印刷
をご注文の場合は裁ち落としデザインで作成できます。用紙の端まで印刷をしたい場合には下記を参考に作成をお願いいたします。

※新聞輪転機で印刷する本格新聞印刷では対応できないため、ご了承ください。

Illustratorで作成 IllustratorでPDF出力 InDesignで作成 InDesignでPDF出力

裁ち落としの作成について

裁ち落としは、色や写真などを用紙の端まで印刷したい場合に、仕上がりサイズよりも3mm大きめに配置するものです。

裁ち落としがないと、断裁時のわずかなずれにより紙の色が印刷物の中に入ってしまうことがあります。

Illustratorで作成

新規ドキュメント作成で裁ち落としをすべて3mmに設定してください。

Illustratorで作成する場合1

ドキュメントサイズ(仕上がりサイズ)外側に3mm分の赤い枠が生成されます。この3mmが裁ち落とし部分になります。

Illustratorで作成する場合2

赤い枠まで色を伸ばして塗り足してください。また画像などのオブジェクトも赤い枠に接するように配置してください。

Illustratorで作成する場合3

裁ち落としが作成されていないレイアウトは印刷適性を欠いてしまいます。

Illustratorで作成する場合4

裁ち落としのレイアウトはこちらのマニュアルでPDFを作成してください。

InDesignで作成する

新規ドキュメント作成で裁ち落としをすべて3mmに設定してください。

InDesignで作成する場合1

ドキュメントサイズ(仕上がりサイズ)外側に3mm分の赤い枠が生成されます。この3mmが裁ち落とし部分になります。

InDesignで作成する場合2

赤い枠まで色を伸ばして塗り足してください。また画像などのオブジェクトも赤い枠に接するように配置してください。

InDesignで作成する場合3

裁ち落としが作成されていないレイアウトは印刷適性を欠いてしまいます。

InDesignで作成する場合4

裁ち落としのレイアウトはこちらのマニュアルでPDFを作成してください。

その他、新聞印刷でよくある不備データについて

ページトップへ